忍者ブログ
うさぎ、料理、日々の記録 
いくつになったの?
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
comomo
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[05/21 comomo]
[05/19 くるみ]
[03/31 comomo]
[03/31 hirorin]
[03/20 comomo]
最新トラックバック
バーコード
イラストの上でクリック♪   moreでおやつ♪
[77]  [76]  [60]  [59]  [58]  [56]  [55]  [54]  [51]  [50]  [48

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メカジキと仙台麩の卵とじ

 

 

最近興味がある食材のメカジキ。

スーパーで、冷凍物だと一切れ100円ぐらい。

味や匂いに癖も無く、

弾力のある食感はお肉のようで、骨がないから食べやすいし

和洋中、煮ても焼いても揚げても良しという、

とても優秀な食材だということに、ごく最近気付きました。

 

 

メカジキの調理法がたくさん載っている料理本を見ていたら

「メカジキと三つ葉の卵丼」というのがあって、

三つ葉はないけどいただき物の細ネギがたくさんあるので

それを青物代わりにして、

少しアレンジした「メカジキと仙台麩の卵とじ」を作りました。

 

9a57c665.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台麩は、これも最近の気になる食材の一つで

その食感の面白さを話に聞いていたので

とても楽しみにしていたものです。

 

 

パッケージには「水で戻す」云々とありましたが、

煮物には乾物のまま使用して、サッと仕上げるのが

食感を楽しむ秘訣らしいということを、

これもまたつい最近学習しました。

 

 

00c8acee.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台麩は油で揚げてありますから、コクも出ますね。

せっかくの仙台麩の食感を逃がさないために

角切り指示のところ、早く火が通るようにとメカジキはそぎ切りに。

 

 

 

 

 

 

 

c8918eb7.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカジキ一切れと、半端に残っていた仙台麩で

ボリューム満点の一皿ができました♪

 

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne