忍者ブログ
うさぎ、料理、日々の記録 
いくつになったの?
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
comomo
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[05/21 comomo]
[05/19 くるみ]
[03/31 comomo]
[03/31 hirorin]
[03/20 comomo]
最新トラックバック
バーコード
イラストの上でクリック♪   moreでおやつ♪
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊根の舟屋(京都府与謝郡伊根町)



7月14日~16日の三連休。
計画では、宿泊地を豊岡として同地に2日連泊。
メインの竹田城跡の見学を2日目にして、往復の移動時間がかなりあるけど
できれば途中1箇所ぐらいは見学したい・・・。

というわけで一日目は京都の伊根に立ち寄りました。
ガイドブックで見て、一度見てみたかったんです(^^♪
与謝天橋立ICから丹後半島の端っこへ。

ガイドブックを見ながら色々思いを馳せていたので
舟屋の里公園(道の駅)から見た景色には、ちょっとがっかり。
ガイドブックの写真と比べると、舟屋群が遠景すぎて。

それで観光案内所のリーフレットを頼りに
伊根湾めぐりの小船に乗ることにしました。



DSCF4821.JPG















この辺りがテレビや雑誌などでよく紹介される風景。



DSCF4836.JPG















小船に乗ったおじさんが、案内をしてくれます。
大抵の家は、山の側に母屋があるのだそうです。
山から海に向かって母屋→蔵→舟屋。

それから伊根には魚屋さんがないんですって!
魚は朝、選魚場に行って買うんですって!

DSCF4825.JPG
















寅さんとか釣りバカ日誌とかのロケ地としても有名みたいです。


なにより、舟屋の2階から釣り糸を垂れる・・・という夢のような日常に
夫はうっとり。

ただ、舟屋のおかあさんは
「ちょっと風が吹くとすぐに舟揚場(舟屋の1階)の奥まで波が来て
 柱も天井も塩だらけです(>_<)」
「舟屋の2階なんて、波がチャプチャプして
 落ち着いて寝ることもできない(>_<)」
(↑普段は舟屋とは別の、母屋で生活しています)
と言っていて、
やっぱり楽しいことばかりではないようでした(当たり前だけど)。






つづく
 
PR

無題
新車!
いいですね~♪

桃ちゃんも一緒にお出かけって
大変&心配だけど楽しいですよね(。・m・)

ここは行ったことないので
つづきが気になります!
umiさん♪
私の希望はどこにも反映されていない新車ですけどね~^^;

そうなんですよ~。
桃太郎が一緒だと楽しいけど、準備は大変、暑さが心配。
水分を補給させるのが一苦労でした。

京都はこれまで南の方ばかり訪れていたので、伊根が京都だと知ってもピンとこなかったです。
同じ県内でも随分と雰囲気が変わるものですね~。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne