忍者ブログ
うさぎ、料理、日々の記録 
いくつになったの?
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
comomo
性別:
非公開
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[05/21 comomo]
[05/19 くるみ]
[03/31 comomo]
[03/31 hirorin]
[03/20 comomo]
最新トラックバック
バーコード
イラストの上でクリック♪   moreでおやつ♪
[185]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

竹田城跡「東洋のマチュピチュ」(兵庫県朝来市)





三連休2日目。
いよいよ、張り切って竹田城跡へ。
今回の旅行で一番の目的地!
ガイドブックでよく見る写真は、雲海の上に浮かびあがる、
とても幻想的なものです。

現在の私たちでも、この景色を写真に撮ろうと思うのですからねぇ。
四季折々の、様々な景色を見られた
当時のお城に住まう人たちは、さぞかし誇らしかったでしょうねぇ。


DSCF4924.JPG
















駐車場から徒歩でしばらく登るのですが
木の葉の間からチラホラ見え隠れする石垣が
マチュピチュをイメージさせます♪
(マチュピチュは見たことがないけど)
テンションが上がります~(^^♪


DSCF4932.JPG
















自然に囲まれているところなんかは
カンボジアのアンコールワットを思い出させます。

アンコールワットは自然に飲みこまれてしまっていたけど、
こちらは自然とバランスよく一体化しているといった感じ。

城跡の説明看板みたいのは、
この場所には立てて欲しくないですよね~。
この景色、この風景をいつまでも守り継いで欲しいです。

DSCF4934.JPG













400年前の石垣が、当時のまま残されているそうで、
いや~、やっぱり本物はいいです!

「100個のガラス玉より1個のダイヤの方がいいっていう気持ちが
初めて分かった~(^v^)」
って、しきりと言っていました、ワタクシ。
↑ 今まで、100個のガラス玉にも興味がなかったケド。





(※ 我が地元にも城跡はあるのですが、
 観光客を引き込むためなのか何なのか、
 史実では存在したかしないか未だ論議される建物を
 近頃ポンポンと建てている気がするのです。
 それがまた、ピカピカに新しいオーラをプンプン放っていて
 歴史のロマンとか、ちっとも感じられない。

 現在も更に開発継続中で、近年中に更に新たな建物が増えるらしい。
 でもいくら整備しても、やっぱり本物じゃないんですよね。
 そこに歴史の人びとの生活は、感じられないんです。

 そんなこともあっての「100個のガラス玉より1個のダイヤ」発言でした。)




 


石垣がほぼ完全な状態で残っていて、
なにより敷地の広さにびっくり!!!
山の上に、どうやってこれだけの広さのものを建てたのか・・・。



山の麓に広がるのが城下町です。


DSCF4990.JPG













で、やはり全体を映したいじゃないですか。ここまで来たら。
できれば こういう写真 みたいの(^^♪

向かいの立雲峡へ車で行き、駐車場から第一展望台まで登ること約30分。
最大ズーム!!!


DSCF4984.JPG














どうですか。
残念ながら、私のファインピクスちゃんでは
これが限界なんですけど。

DSCF4986.JPG
















駐車場で車を降りて、汗だくになりながら山に登って
誰もいない第一展望台で、
東洋のマチュピチュを眺めながら
夫と二人でおにぎりを食べてきました。

いや~、想像していた以上に良かったです。
駅前の観光案内所に新聞の切り抜きが貼ってありましたが
それによると3年前の4倍の観光客が訪れているそうです。
最近のパワースポットブームなどで女性誌に取り上げられてから
「東洋のマチュピチュ」との呼び声が高くなり、
休日ともなると、駐車場へ向かう車の行列で大渋滞みたいです。

いつまでも遺してもらいたい場所でした。










つづく
PR

♪桃太郎君も・・
新しい記事から読んでいったので、最初は桃太郎くんは2泊もお留守番?
って心配しましたが
ももちゃんも一緒のドライブ旅行、いいなぁ~

へぇ~私、知らなかったので・・素晴らしいです
東洋のマチュピチュ・・うんうん
でも取り上げられちゃうと、観光客が殺到しちゃうのよね
そう言う私も行ってみたい!
でもめいを置いての夫婦お泊り旅行はお預けです。

comomoさんの記事で楽しませていただきました。
hirorinさん♪
こんにちは♪

この時期のドライブ旅行は、桃太郎も一緒です。
蒸し風呂みたいな家の中には、さすがに置いて行けません^^;

私は偶然、ネットで知ったのですが、
近年、女性誌に取り上げられたとかで、
天然のユリがパワースポットと言われる石の前に咲いてたらしいんですが、
訪れる人々が踏んで絶えてしまったそうです。
いつまでも今の姿でいて欲しいものです。

まだまだ日本国内には知らない所がたくさんあるようで、
次の旅行用に、どこかよい所を探しております(^^)

とは言っても、桃太郎もそろそろ・・・。
うちも桃太郎の様子を見ながら、お泊りを決めるようになってきてます。
無題
高いところ大好きなんで
ここすんごく行ってみたひ!!
umiさん♪
こんばんは♪

一説には天空の城ラピュタのモデルとなった…とかあるらしいですよ~(^^♪
色々と想像が膨らむ場所でした。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne